あすのはやなり Hayanariアートワールド

世を捨てた絵描きのどうでもいいつぶやきです。
2024年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2024年05月
TOP未分類 ≫ 昔描いたお山の絵

昔描いたお山の絵

しばらく前にひょっこり電話がかかってきて、久しぶりに従妹と話す機会があったのですが、話の最中に、唐突に彼女がポツンとこんなことを言いました。

是非行ってみたいようなところはなかったの?

そろそろ棺桶も見える年頃で、体力的にも衰えて段々と動くのが面倒になる。お互いにそんなことを意識している。


Mountain_2402_fc.jpg


「そうね、普通の人には行けないような場所がいいかな。例えたら、グリーンランドの人跡未踏地なんか興味があるね」

そう返事をしました。彼女は私の放浪癖を知っていたのかな。若い頃はあてもなく何度もブラッと旅に出かけました。


もちろんそんなところは熟練のプロだって大変。素人の行けるところじゃない。でも、どうせならそう言うところへ行ってみたい。すると最近ネットで興味をそそる山を見つけました。形が何となく好みなんです。山の名は--カイラス山--。信仰の山だそうで、付近までは行けても上まで登っちゃいけないそうです。近くまではツアーもあるみたい。チベットの山ですが、と言うことは今は中国領なのかな。インドと中国の国境のようなところにはまだ人類が登頂したことのない山がいくつかあるそうで、どれも富士山よりはるかに高い。

カイラス山の写真を眺めていると、昔私が描いた絵にちょっと似たのがあることを思い出しました。上の絵は昔しょうもないブログに載っけるために描いたもので山と言うより塚をイメージしたのですが形が似ているのですね。眼の前に巨大な山があって、それを箱庭のように登って行く夢をみたこともあります。どうやら似た形に憧れでもあるみたいです。

従妹は私より7つ程若いけどそれなりの歳。色々考えてるのでしょうね彼女も。知らないところを訪ねて冒険して見たかったけど、叶えられないまま今に至っています。今は行動範囲で面白そうなところがないか、調べているのですね。でも、外出したら帰りがしんどくて…。

情けない年齢になりました。
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする