あすのはやなり Hayanariアートワールド

世を捨てた絵描きのどうでもいいつぶやきです。
2024年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2024年03月
TOP水彩画 ≫ 沼という響きは

沼という響きは


swamp_2311_fc.jpg

沼という響きは、世間的にはどうなのでしょうね。あまり良くないのでしょうか。どことなく不気味な感じがするとか、苦しい日々が続くと沼から出られないとか言いますし、底なし沼とか、あまり良い例えには使われません。ネット上では池や沼はスラング、つまり他への侮蔑語として用いられます。世間のどうしようもない一面です。
でも私は好きなのです。池とか沼とか、勿論湖が大好き。それで過去にも結構描いているのですが、実際失敗続きで、こうやって今頃眺め直しているのです。この絵も過去に描いたものですが、じっと眺めて、あっちをこうしてこっちをこうしてとか、惚けの入った頭で考えます。綺麗に整えて描くというより、荒っぽくても筆跡が激しく残った絵が好きなので、どうしても越えらないものがあります。しょうがないかなと思いつつの日々です。日常の独り言をつぶやきながら、時には絵を挟みながらなかなか切れない細い線のように続けられればと思っています。


最近仕事関連で、相手との意思疎通がなかなかうまく行かずにしんどい思いをしています。普通ならリタイアしていてもおかしくない年齢なのですが、裕福でもありませんので頑張るしかないです。そういう時は絵への関心も二の次になりますが、別にそれでもどうと言うことはありません。例えれば今は沼の中です。早く抜け出てスッキリしたいと思っています。そろそろ年末だし、その前にクリスマスではキラキラした雰囲気で一杯やれればと思ったりしています。その辺りの雰囲気はなかなか好みであります。去年のクリスマス時期はどうだったかなと思いつつ過ごしています。12月に入ったらもうすぐです。
------------------------
ところでブログなのですが、昔はその多くをHTMLで記述していて、画像の配置のタグも知っていたのですが、この頃の記述は分かりません。今使わせていただいているテーマはかなりワイドで、どうもしっくりしないと思い、画像の配置の仕方を調べていたのですが、ヘルプを見てもなかなか分かりません。ネット上でようやく解説してくれているところを見つけてやってみました。テキストが回りこむようにしたのです。色々やって遊んでいるとも言えるのですが、たったこれだけのことにどれだけの時間を費やしたか。もう少し解りやすくなっていないかなと思うのですね。

とにかくやってみて、どうにか収まりました。苦労する程でもないかな。でも、これだって頭の体操で、ボケ防止の一環ですもんね。
------------------
絵は透明水彩です。とういうより安物絵の具での透明調の描き方です。同じような絵を練習のために何枚も描いていますが、進歩があるのかないのか。
水彩画 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする