あすのはやなり Hayanariアートワールド

世を捨てた絵描きのどうでもいいつぶやきです。
2024年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2024年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2024年02月
ARCHIVE ≫ 2024年02月
      

≪ 前月 |  2024年02月  | 翌月 ≫

過去は捨てられるか

私は大阪からの上京組ですが、自分で作った支度金みたいなものだけを持って上京しました。遥かな昔です。以後のことは現在と繋がっているので捨てて生きることはできません。しかしできれば大阪に居た時代のこととは区別して考えたい思いでいます。

上手く説明できないけれど、あまり大阪時代は良い思い出がないし、振り返ってもあまり楽しかったことの記憶がありません。部分的にはあったけれど、それは連続せずに、精々楽しいことの後には苦しみがあるという歌の文句みたいなものです。

しかしやはり捨てては生きられません。不思議なことに、人生の途中では幼い頃のことなどはほぼ完全に忘れ去っています。でも、人生もそろそろ終わりに差し掛かると妙に遥かな昔のことが思い出されます。これはどういうことなのかと、ちょっと不思議に思います。
| Comments(0) | Trackbacks(-)

やめたいと思ったら仕事が続く

私は既にそれなりの年齢なので仕事と言ってもあちらでどうにもならない場合に受けている程度です。だから、専業で仕事をしている人と比較すると何分の一にもなりません。

それでも最近は眼が疲れるしで、絵を描くにはそれほど不自由ではないけど、やっぱり仕事は辛くなってきた。それで、そろそろないならないで止めてしまおうかなと思ったら妙に仕事が続いて、いったいいつになったら止められるのかと思うこの頃です。

仕事をやめて食えるのかという話ですが、まあ一応はなんとなるかなってところですね。それなりに長い間そういう手立てを打っていたのでどうにかなっています。でなくても、私の同業者には既にやめている人も居ます。やっぱり年齢的に根が詰まることが多くて、さっさと隠居できる人はしているのですね。仕事がない場合は何とか仕事をと思うけど、今の悩みは良いタイミングでその時が迎えられるかということです。明日の金もない状態の一家で育ったので貧乏が普通なのですが、そんな身の上にしては上出来かも知れません。ひとりなので何とかなったのですね。

仕事がある内はしばらく続ける。でも、あれこれと物事の整理を考えないといけない時期に入りつつあります。

遂に自分もそこへきたかとつくづく思います。でも止めたら止めたで、他にすることもなく結局は仕事をするのかな。

寝床に入ってもぼんやりと考えますね。
呟き | Comments(0) | Trackbacks(-)

バイトテロのことだけど

後でどんな結果になるかわからない阿呆は居ないと思うけど、それをやってしまうのは一体どこから湧いてくるだろう--と一応は思う。直近ではドミノピザの鼻ほじりがあったっけ。


img_0138_2402_fc.jpg


けれどもドミノピザだけじゃなく、私は普段から隠れたところでは普通にやられているだろうなとある程度の覚悟をしています。ちょっと行儀が悪いなと感じる店員は普通に居るのであって、そういう店は或いはを思わせるものがあります。自分で注意する。それしか現実にはないと思います。店側だけじゃなく客の悪ふざけもこれまでにあったしで、ほんとに気味の悪い限りです。
呟き | Comments(0) | Trackbacks(-)

昔描いたお山の絵

しばらく前にひょっこり電話がかかってきて、久しぶりに従妹と話す機会があったのですが、話の最中に、唐突に彼女がポツンとこんなことを言いました。

是非行ってみたいようなところはなかったの?

そろそろ棺桶も見える年頃で、体力的にも衰えて段々と動くのが面倒になる。お互いにそんなことを意識している。


Mountain_2402_fc.jpg


「そうね、普通の人には行けないような場所がいいかな。例えたら、グリーンランドの人跡未踏地なんか興味があるね」

そう返事をしました。彼女は私の放浪癖を知っていたのかな。若い頃はあてもなく何度もブラッと旅に出かけました。
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

居酒屋でチョコをもらった

こんなものをもらったのはいつ以来だろうか。14日の夜、バレンタインのチョコをもらってしまいました。いささかの照れくささはあるも、居酒屋さんでこのようなことは滅多にありません。居酒屋どころか、私はもう日常的にバレンタインデーなんぞとは無関係な生き物でした。

Valentine_240214_fc.jpg

そうです、贈ってくれたのは居酒屋さんのママさんと若い娘。母娘。お客の皆様へのプレゼントですからそれじゃあもらって当たり前?

でもね、私はまだその店には新参です。常連とは言い難い。分け隔てのないお店なのであります。流行っている店はやっぱり気持ちがマメ。こういうことがあるとこっちもマメに寄ってやろうと思うのですね。
日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

そうだ、絵も描かなくては



img_240213_fc.jpg


このブログは絵を中心にする考えでしたが、同時進行でやっている別ブログに集中していてこちらがちょっとお留守でした。小さな言い訳をすると、少し冒険的な今までとは違ったことをやって見たかったのです。でもそれがなかなか。公開してよいところまでこぎつけないのです。

しかも、Fc2にはまだわからない部分があって、それをあれこれいじっているとそっちにばかり気が行ってしまってどうにもなりません。このブログは最初の方でも述べていますが、絵を描いていながら絵のカテゴリーに登録できないし、どうにかFc2nだけ美術系に登録していますが、言ってみれば片肺飛行なので今ひとつ身が入りません。実は他にもややスタイルの違った絵のブログを運用しているのですが、それもランキングへの登録は美術系を外しています。
アート | Comments(0) | Trackbacks(-)

ユースキンが見当たらない

チューブじゃなくて大きいプラ瓶入りの奴ですが、実は私は冬はずっとしもやけ状態なのです。元々母の血を引き継いで子供の頃は冬になると手が紫色になっていたくらいで、さすがに大人になってからはそこまでのことはないけど、それでも冬はしょうがない。

というのも、私は絵を描いているので、これが油彩だった当時は何もなかったのですが、水彩になってからというもの、筆を扱う右手にいつも水が付着するのでそう言うことになっています。従ってユースキンがなくてはならない。

薬のCMをやる意思はないけど、あれはかなり効果があって、思い出した時に塗っておくとかなり収まります。でも、ある時から突然それが消えてなくなったのです。どこを探しても見つからない。間違ってゴミ箱へでも入れたかなと思わぬでもないけど、それもちょっと考えにくい。

実は当家ではこういうことが割とあって、つまり失せものですね。あるのですよこれが。このために同じものを何度か買う羽目になるのですが、その辺にあったらいつか出て来る。でもそれが遂にないと言うことは完全にどこかへ来てしまっているのですよ。

思い出すのは夏蒲団。薄いタオルケットのようなものだけど、これが気が付いたら失くなっていて以後みつからない。お金を入れたままの小銭入れが一度消えたままになっている。小銭入れは百均でまた買ったのだけど、お金はそのまま行方不明。

結局ユースキンは新たに買ったのだけど、なんだかもったいない。900円くらい。それはしょうがないけど、どうして当家ではこういうことが起きるのか、ちょっと黄味が悪いのです。

信じるか信じないか知れないけど、かまいたちに一度やられているし。

日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

投げやり


0049-2402_fc.jpg

時々そうなる。特に、一杯飲んで帰ってきた後なんかかなりの確率でそうなる。しばらくぼんやりしていて、頭も働かないからだと思うけど、実際、あまりしたいことがなくなりつつある。

そんな時はそれに従う。仕事があれば仕事をする。だが、そうか、仕事が入っている時はそれをするしかない。だから考える必要がない。自分は今事実上惚け防止に絵を描いているが、文字通りのボケ防止であっていつまでに描かねばとかそんなのはない。だから放置する時は放置してしまう。

呟き | Comments(0) | Trackbacks(-)

外出しようと思ったら

やっぱり雪が降ってきた。多分夜からだろうと思っていたけど、昼にはもう降り始めた。大粒の雪で、積もると言っていたけどこれは積もりますな。降り始めたばかりでこんな。

yuki_2_2402_fc.jpg

こうなると、慌てて出ないで良かったか。朝から空が鉛色だったし、今はすっかり積もって記事を書いている今も屋根から雪が落ちてくる。

そう言えば、昨年の今頃も雪が降った。すっかり積もった雪を二階の窓から眺めた。ふと思い出した。たった一年前なのに、あの頃はまだ体の色んな不具合はなかった。僅かな間にや手などに不具合が出て、特には実際面でもダメージだ。たった一年で変わってしまった。今は何とかなっているが、いつまで持つのかと思ったりする。全然変わらないようにも思えるし悪くなっているようにも感じるしで、これも老化現象と言ってしまえば終わりなのだが、曲がりなりにも絵も描いているしで、もうちょっとあれこれ考えることもあったけど、すっかりやる気がなくなってしまった。

いつまで降るのか知れないが、あまり食料の買い置きもなかったから、明日か明後日辺りちょっと買い物に出よう。ちょっと遠出が良いなと思う。少しばかりの気分転換をして、街を歩いてみよう。多分、毎日同じことを繰り返してうんざりしているんだ。身体の不具合だけじゃなくて、面倒なことがひとつ片付いたこともあるだろう。

多分、気抜けしているんだな。


呟き | Comments(0) | Trackbacks(-)

健康問題が重要になってきた

特に気を付けるのはアルコールだ。なんといっても居酒屋が楽しみだ。居酒屋を全部だめにするといったい日頃の楽しみがどうなる。だから、以後の居酒屋ではアルコールを加減できるホッピーだけにする。後はノンアル。

なんだかんだ言ってもこの三年結構飲んだと思う。依存症とかでは全然ないけど、あると嬉しい。自宅では勿論ノンアルにしている。問題は外。

血糖値に気を付けるようになってからは外で定食は食べない。あれはご飯が多いので基本的にダメ。居酒屋でもなるべくは上がらないと思われるものだけを食べるようにしている。枝豆鯖塩野菜炒めなどあまりにそればかりじゃ情けないから先にそれらを食べてから時には唐揚げとかを食べるようにしている訳だ。焼き鳥は全般的に糖質低い目と言われているので、塩で食べる限りはまあ大丈夫だろうとか考えるのですね。そこから先はあまり神経質になると生きるのが面白くない。

何といってももうちょっとで住宅ローンが終わるのですよ。チンタラ払ってきたけど、これがなくなると大きい。俺の世の中はこれからだと思っている訳で、その前にくたばるのだけは絶対に嫌だ。ここからは、家では徹底して血糖値対策。外で楽しむ。

今までだってそうやっているのだけど、どんなもんかな。住宅ローンがなくなるとかなりの余裕ができるので、以後はね、色々と楽しみたいと思っているのですよ。


健康 | Comments(0) | Trackbacks(-)