あすのはやなり Hayanariアートワールド

世を捨てた絵描きのどうでもいいつぶやきです。
2024年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2024年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ デッサンスケッチ
CATEGORY ≫ デッサンスケッチ

裸婦を描きましょ描きませう--5

ムフフ、ぼやけているのもよかばいね。なにかありそな感じが、この際良さげじゃないですかね。そうでもないかな。

nude_woman_sketch_11_2311.jpg

自分で描いててそう言ってもしょうがないけど、とにかく結果は二の次なんですよ。描くことは頭を使う。別にいきらなくても良いのですね。特に裸婦でなくてもいいし、そこに画材があれば、画材がなくても墨があれば、鉛筆があれば、なんでもとにかく描いてみる。誰から何が生まれるか知れませんよ。そういうのが世の中ですよ。

あのですね、実際、お尻に筆を突き刺してお尻をゆすってみるだけでも何か描けるのですよ。実行する必要はないですけど、まあ、意外にそんなものなんです。

わはっは、なんでもトライです!

裸婦を描きましょ描きませう--4

あっはっは、ちょっと変になりましたよ。でも居直りましょう。難しいことを言ってたら練習になりません。ボケ防止を忘れずに。本来の目的はそこであります。


nude_woman_sketch_10_2311.jpg


お尻の感じが最初良かったのですが、つい色気が出てちょっといじったら変わってしまいました。女性はなんと言ってもお尻じゃありませんか。あの辺にはついつい色気が出てしまいますよね。

しかしまあ、嗜みごとでは煩いこと抜きにやりましょう。きょうも元気だ!

遅いけど起きたばかりなので…。

-----------------------------

ところできょう、一杯やりに行く予定だったのですがね、雨な上に急ぎの仕事が入ってしまいました。こんな耄碌状態でも仕事がある。これ自体嬉しいことなのですが、それだっていつまでやるのか、そんなことを考えます。絵なんてのはストレスを感じたら描かなくて良いし、仕事で描いている人以外は無理をする必要がありません。しかし仕事はそうではない。段々ストレスを感じるようになってきました。無理も利かなくなるし忘れっぽいしで、何とか間に合っているのが不思議なくらいです。

と言っても私に仕事を出してくれている人は私より年上。いつまでやるのかなあの人も…。 

裸婦を描きましょ描きませう--3

裸婦と言ってもトライの仕方は色々あって、結局色々やってる訳です。なんと言ってもボケ防止。それが最優先です。素描でもなるべくサラッとやるタイプですねこれは。最初足の向きが違ってたのですね。くの字に曲げるつもりでした。


nude_woman_sketch_9_2311.jpg


ああしかし、ちょっとお尻に被ってしまいました。あんなところが残るか被ってしまうかで全然イメージが変わってしまうのです。絵画の不思議ですね。絵というのは本当にどこかに点を一つ打つか打たないかでも変わってしまって、脳みその衰えた人間には厄介極まります。

しかしながら、だから面白いとも言えるのですね。失敗を楽しみましょう。

---------------

ブログをあれこれいじっていますが、やっぱり原図をリサイズしないで貼り付けるとちょっと大きすぎてギョッとしますね。これは730にしたのですが、どうかなあ。この辺が適当かな。

絵をどの程度の大きさで見せるかはブログ主さんのそれぞれの考えですが、どうせなら許容できる範囲で大きく見せてもらいたいところです。小さく表示されている方はブログのデザインもそれに沿っていて、すると大抵は文字が小さいのです。私にはもう小さな文字はしんどい。それでも最初はブログデザインがワイドで文字の大きいところはあまり好きじゃなかったのです。

こっちが段々と衰えてきたのですね。たった数年でこれですから、あと数年を考えると恐ろしいです。そんなときまで絵を描いているかどうか、怪しいもんです。

描ける間は楽しみましょう。

裸婦を描きましょ描きませう--2(余談あり、我クリーニング屋さんを探し歩く)

なるべく大雑把に暗示的に描いてみようということをやっている訳です。暗示というのはなかなか難しい概念ですが、ここは理屈より慣れろということで、描いて行けば追々ということでございますね。

nude_woman_sketch_8_2311.jpg

できるだけ筆使いを少なくする。描いてみてあそこがちょっと--と思ってももういじらない。我慢するのですね。もうちょっと良く見せたいというのを我慢するのも練習でありますね。多くはその誘惑に勝てずに失敗します。徹底して描き込むのは別でやればよろしいので、ここではそれとは違ったことをやっています。あまり多くは言いません。

裸婦を描きましょ描きませう

裸婦スケッチをボケ防止にお勧めしていたので私も裸婦を描きましょう。できるだけ大雑把を心がけて単純を目指しましょう。少々ヘンテコリンになっても平気。

nude_woman_sketch_7_2_2310.jpg
絵の具が不注意に流れてしまいましたね、でも平気

と言ってもこれが難しい。他人に言う程上手くは行きません。実はこれは以前別ブログで公開していたものにちょっと手を加えたものです。そこではむしろ下手糞に描くことをやっていまして、どうしてそんなことをするのかと言うとそれは色々あるのですが、未熟や稚拙をそのまま出そうと言うことでした。実際はあまり目論見通りには行かずこけてしまいましたけど。

そちらはここからリンク(たまにアートするブログ、リンクからどうぞ)していますが、今は実験的な抽象現代系をやっています。以後、裸婦はこちらでのんびりとやろうと考えております。